痛みを伴う爪水虫

 

水虫は足の裏や爪などに、白癬菌が感染して引き起こされる病気です。足の裏の皮がむけて、痒みや痛みを伴うこともあります。一度、白癬菌に感染すると、なかなか完治させることが難しく、冬場に症状が治まったかと思っても、夏場になると再び症状が出るという場合も少なくありません。

 

水虫の中でも、爪の中に白癬菌が侵入してしまった場合、さらに治療が難しくなります。爪水虫は見た目が悪いですし、ずきん、ずきんと痛いときもあります。しかし、市販されている液状の治療薬を使っても、ほとんど効果は見られません。やはり爪水虫を治療するには、皮膚科に通わなければならないでしょう。

 

皮膚科ではテルビナフィン(ラミシール)やイトラコナゾール(イトリゾール)などの内服薬が処方されます。テルビナフィンの場合は、約6カ月程度毎日服用しなければなりませんので、肝臓に負担がかかります。定期的に肝臓の数値をチェックしながら治療を進めていきます。イトラコナゾールの場合は、1日2回4カプセルを1カ月に1週だけ服用します。パルス療法と言いますが、3サイクルで効果が現れます。時間がかかっても完治させたい方はテルビナフィンを、短時間で治したい方はイトラコナゾールが良いでしょう。

 

東京五輪エンブレムの新作は何が選ばれるのか

東京五輪エンブレム、結局どうなるのでしょうか。
前回の東京五輪エンブレムの件からずっと気になっていました。
デザインが発表された当初、ダサいという意見が多かったのですが、まさかそこから盗作問題にまで発展するとは思いませんでした。
あのデザイナーも過去の作品を根掘り葉掘り調べられて、少し気の毒でしたけどね。
そして今回は前回の反省をふまえ、限定されたデザイナーだけでなく一般の方でも応募ができるようになりました。
応募はすでに締め切られましたが、かなりの数が集まったようです。
今回の東京五輪エンブレムは、国民も投票することができるのだとか。
どのようなデザインが選ばれるのか楽しみにしています。

 

 

 

気になっていた軽減税率の詳細が決定

どうなるのかずっと気になっていた軽減税率。
最終的には、食品全般に適用されることになりましたね。
一番消費するのが食品なので、とりあえず8%に据え置きということで安心しました。
とはいっても8%の時点で十分厳しいですけどね。
外食は軽減税率適用外になるので、ほとんど外で食べなくなると思います。
もともと外食はあまりしないので、これに関しては問題ありません。
またテイクアウトは軽減税率が適用されるようなので、飲食店で購入する際には持ち帰りをしようと思います。
あまり外食はしませんが、マックはたまにドライブスルーで買うので8%のままなら助かります。
ただマックは税込みなので、全商品が値上げする可能性が高いですね。

 

 

 

夫婦別姓という選択肢はあっても良いと思う

夫婦別姓に関する裁判が毎日のように取り上げられていますね。
私も他人事ではないので、ニュースが流れたら一応チェックしています。
世界的に見ると、同姓しか選択できない先進国は少ないようです。
他の先進国でも結婚をしたら同性にする人が多いですが、一応夫婦別姓も選択できるみたいですね。
なのでそのような選択はできても良いと思います。
アンケートでも、夫婦別姓に賛成する声の方が多かったようですし。
ただアンケートの詳細を見ると、自分は結婚しても別姓にはしない、という意見も目立ちました。
恐らく自分には関係のない話だけれど、別姓を選ぶ人がいても良いのではないか…という考え方の人が多いのだと覆います。

2016/01/06 13:13:06 |

マカサプリの魅力

 

マカはよく健康食品や精力剤などに使われるものとして耳にした事があるという方は多いのではないでしょうか。
マカは実際に精力増強に対して高い効果が認められており、男性に対しては精力剤として重宝されていますが、なにも男性に限ったわけではなく性別を問わず、年齢も問わず様々な層に喜ばれる成分がたくさん入っています。
まず精力がつくのは下半身の血流をよくする効果があるからであり、この効果は不妊に悩む女性をサポートする力ともなります。
また生理不順やホルモンバランスの乱れなど、婦人科系の辛い不調に対しては、この血流改善という点で役立ちますから女性も積極的に摂取してよいものと言えるでしょう。
さらに滋養強壮の力もあります。
披露が溜まってしまった時、栄養ドリンクなどで対処している方も多いですが、それは人工的に作られたものでありあまり身体に良いものとは言えません。
しかしマカはそもそも天然の植物であり、身体に悪影響を及ぼす事も少ないので安心して飲めるという魅力があります。
今はマカを使ったマカサプリが広く市販されており、手軽に摂取出来ますから、改善策の見られない不調で悩む方などは試してみるのもよいのではないでしょうか。

2016/01/06 13:13:06 |

性器ヘルペス、予防薬ってあるの?

 

性器ヘルペスは基本的には症状が出てからでないと検査でもウイルスを確認することができないのですが、一度かかってしまうとストレスや過労などで再発することが多いとされているので、何度も繰り返してしまう患者に対しては性器ヘルペスになりにくくする予防薬の処方がされます。しかし皮膚科や性病科などの受診をして性器ヘルペスであるという診断を受けていないと処方を受けられないので、一度目に受診をした医療機関で再度受診をすることが大切です。何度も繰り返すことを医師に相談することでも予防薬の処方を受けられる場合があるのですが、本当に性器ヘルペスであるかという検査を必要とするので、前回受診した時の検査結果などが記録されている医療機関で適切な処方をしてもらうことが重要です。ヘルペスウイルスは人間の神経節の中に潜伏している状態なので、症状がでないとウイルスを駆除することができません。個人差が非常に大きいのですが、なりやすい人は過労やストレスなどでも口唇ヘルペスになったりします。一度ヘルペスが発症すると再発することが多いので、必要に応じて予防薬などが処方されるのですが、食生活や日常生活を見なおさなければ根本的な解決にはなりません。